お絵かき日和

初心者から始めるお絵かき練習とのんびり日常ブログ

【おすすめ】液タブ XP-PEN Artist 16Proが安くて高機能だった

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

f:id:oekakibiyori:20190207210506j:plain



こんにちは!ぷりんです。

 

みなさんは絵を描くときにどういったツールを使いますか?

 

わたしは今までアナログでしか絵を描いたことしかありませんでした。

 

『デジタルで書くと修正が楽だったり、加工なども簡単にできて作業効率が上がりそう!』と思い実際に液タブを使ってみることにしました!

 

購入したXP-PEN Artist 16Proが使いやすかったので紹介させていただきますね😊

 

これから液タブを買おうか迷っている人、どの液タブを買ったらいいか迷っている人の参考に少しでもなったらうれしいです!

 

 

  XP-PEN Artist 16Proに決めた理由

わたしが探していた液タブは以下の3つです。

  • ほどよい大きさ
  • 安い
  • 評価が高い
  • サポートがしっかりしているか

XP-PEN Artist 16Proはわたしが探していたものにぴったりで、さらに高機能でかなりコスパがいいです。

 

 小さすぎず、大きすぎずなちょうどいい大きさ

f:id:oekakibiyori:20190207211133p:plain

 

ペイントソフトを使用すると上記のようにサイドにツールが出てきます。(設定によりツールの場所は異なります。)

 

実際に描けるのは、真ん中の白い部分です。

 

液晶部分がすべて描けるわけではなく、実際の作業スペースは狭くなってしまいます。

 

そのため小さすぎるのはNGだと思いました。

 

かといって大きすぎるものは机が広くないと難しいため、中間のサイズの16インチにしました。

 

安くて評価が高い液晶タブレット

まずは 大手メーカーのワコムで近いサイズのものを探してみることにしました。

 

近いサイズは15.6インチのWacom Cintiq Pro 16(DTH-1620/AK0)¥181,440(税込み)と高額だったため、あきらめることに…。〔公式サイト参照〕

 

XP-PEN Artist 16Proは16インチでamazonで¥39,918(2018年2月7日時点)だったため、値段の面では条件をクリアしていました!

 

Amazonで星4.2と高評価でレビューもかなりいいですよ。

 

  • 液晶16インチ FHDモニター
  • Adobe色域92%
  • 筆圧8192レベル対応
  • スタンド付属

 

ハイスペックで値段もお手頃でコスパよしな液タブです。

 

日本に販売店がありサポートも安心

大体の中国メーカーでは日本に販売店がなく、現地にいる方とメールや電話で対応することになります。

 

XP-PENは日本に販売店があり、仮に不具合などがあった時に安心です。

 

保証期間が12か月あるのもポイントです。

 

購入してから使うまでの流れ

機械オンチなわたしですが、マニュアルをみながらやったら問題なくできました!

 

おおまかな流れはこんな感じ

 

  1. XP-PEN Artist 16Proの接続
  2. ドライバのインストール
  3. ドライバの設定

 

思ったよりは難しくありませんでした。

 

初心者が始めてデジタルで絵を描いてみた結果

 

f:id:oekakibiyori:20190207165018j:plain



らんま1/2のシャンプーを描いてみました。

 

使用ソフトはクリップスタジオペイントです。

 

慣れていないこともあってかなり時間かかりましたが、問題なく使えました。

 

液タブに8個のエクスプレスキーが付いており、ソフトの機能を設定して使うとかなり時短になると思います。 

 

まとめ

 XP-PEN Artist 16Proはかなりコスパがよく、初心者の方におすすめの液タブだと思います。

 

デジタルで書くことにより、加工したり、素材を使ったりしてアレンジができたり。

 

修正が楽になったりといいことづくめでした。

 

お絵かきがますます楽しくなり、ずっとデスクにかじりついていました(笑)

 

引き続き練習していきたいと思います!